ティンバーランドのソール剥がれ

最近何故かティンバーランドのソール剥がれについてのお問い合わせが多かったので、修理事例としてご紹介いたします。

 

ティンバーランドのブーツは接着剤の劣化とソールの経年変化でソールが伸びてしまう事により、剥がれてしまう事がよくあります。

 

他店では接着できないと断られてしまったというお話が多いのですが、再接着は可能です。

まず、ソールを一旦全部剥がしてしまいます。

劣化した接着剤が残っていますので、できる限り取り除きます。

全体的に薄く削り、取り除きました。

 

次に接着剤を塗る訳ですが、革用の接着剤が効きにくいゴム素材の為、そのまま塗ってはすぐに剥がれてしまいます。

瞬間接着剤を使用すればくっつきはしますが、屈曲した際に剥がれる可能性があります。

そこで、接着剤を塗る前に下地処理をして接着剤を効きやすくします。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、瞬間接着剤をプライマーの代用として薄く塗り広げコーティングしています。

そこからは通常通り接着します…が、ソールが伸びてしまっているので、はみ出てしまいます。

伸びてしまったものを縮める事は出来ないので削り落とします。

ぐるっと一周削って段差を無くしました。

下地処理のおかげで接着剤もバッチリ効いていますし、これでまた安心して履く事ができますね。